Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ち・・・

shihikida

最愛の人が帰天しました。
私のことを心から愛してくれて
最大の愛を注いでくれた人・・・・
大好きな父が仏の元へと帰っていきました。

危篤・・・といぅ知らせを朝受けその日の昼には家族全員で
日本行きの飛行機に搭乗していました。
今日の夜が山だと聞いて
その頃は飛行機の上・・・。
遠く離れていることへの腹立たしさが機上で立ち込めました。

花ちゃんと一緒に「おじいちゃん頑張って・・・」と繰り返し祈りました。
祈りが通じたのか父は意識は無いものの
私たちが病院に着くまで頑張って待っていてくれました。
映画の一シ-ンのように大声で父に声をかけて抱きつきたかったのですが
呆然としてしまってただただ涙が流れるばかり・・・。
でも心の中は感謝の思いと、楽しかった思い出の数々、
この人を父と呼べたことへの誇りでいっぱいでした。

日本を離れて20年間いつも心に重くのしかかっていたのは
今日のこの日の出来事でした。
もっと近くにいて看病してあげたかったな・・・
あんな馬鹿な喧嘩をするんじゃなかった・・・
もっと頻繁に電話をすればよかった・・・
もっと優しい言葉をかけてあげればよかった・・・
と後悔することばかり・・。

shihikida

私の愛読書にある一文に

失ってからでは遅すぎるのだ。
愛しているなら、
今すぐ、
愛しているといいなさい。

好きなら、
好きであるといぅことを、
今すぐ、
行動で示しなさい。

永遠の後悔を残すなかれ。
生命あるうちに、
愛しているといぅことを、
心から愛しているといぅことを、
伝えなさい。
伝えきりなさい。


といぅのがあります。
不器用な私はなかなか言葉で表すことができず
今更ですが後悔しています。
でも父には私の思い伝わっていたような気がするのです。

shihikida

これから49日までは父の魂はまだ私達の近くにいるそうですね。
もう少し早く言えばよかったことですが
ここで一言伝えたい・・・・。

お父さんたくさんの愛を本当にありがとう。
あなたの娘として生まれてこれたこと
本当に嬉しく思っています。
あなたの優しさと厳しさで
こんな娘に育ちました。
これからはあなたの恥とならないような
立派な人間に成長していきたいと思っています。
天国からこれからも私達の事見守ってくださいね。
そしてたくさん指導してください。
私たちはこれから親子、姉妹、家族皆で力をあわせ
幸せな人生を送っていきたいと思っています。
どうか安心して天国へ帰ってください。

shihikida

痛みから解放されてよかったね。

>>>>>>>>>>>>>>>>>><<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

といぅわけで
ブログを放置しておりました。
取り急ぎ近況報告をさせていただきました。

shihikida

父の逝った4月26日は皮肉にも母の誕生日。
だけど父はこの日に皆で祝いたかったのかも知れない・・・。
主人も花ちゃんも帰国できたので
きっと喜んでくれていることと思います。

最後に私は長女ですがこのように遠く離れ
色々な準備や片付けごとなど全くの役立たずです。
残された母、そして妹、妹のご主人が
本当に良くしてくれて
ただただ感謝の気持でいっぱいです。

本当にありがとう・・・・


*Comment

 

なぜでしょう、読んでいて涙があふれてくる。
yukoさんの思いが静かに静かに伝わってくるようです。
きっとお父さんはよく分かっていらしたと思います。
それにきっとyukoさんや妹さんのことを誇りに思っていらしたと思います。
遠くに離れているということは、こんな時本当にどうしようもなく気持がはやるものですが、きっと心の距離は近かったのだろうなと思いました。
49日が過ぎたら、あっという間に帰天されてしまうでしょうから、今はおそらく傍に寄り添っていらっしゃるだろうお父さんに甘えてあげてくださいね。

4月26日は、私の母の誕生日でもありました。
  • posted by ミッチョン 
  • URL 
  • 2009.05/02 13:27分 
  • [編集]

 

yukoさん  だいじょうぶです。
お父様は誰よりも yukoさんの気持ち理解していたはずです。 これからは天から優しく見守ってくださいます。 魂は永遠ということ、yukoさんはご存知ですものね。 うまく言えずにすみません。 yukoさん、お父様のためにも、たくさんおいしいもの食べて、家族の優しさに甘えて、ゆったりとしてくださいね。 
  • posted by シャイドリーマー 
  • URL 
  • 2009.05/02 16:25分 
  • [編集]

NoTitle 

ご心中お察し申し上げます。
幸せに旅立ったお父さまのご冥福をお祈りいたします。
yukoさんご家族みなさまの末永いお幸せも。


  • posted by 山桜花男 
  • URL 
  • 2009.05/02 21:27分 
  • [編集]

NoTitle 

突然の訃報に、ただ驚くばかりでした。
あのやさしそうなお父様が・・・言葉がありません。
ご冥福をお祈りいたします。
yukoさんのおかげで、私も両親に対して色々考える機会を与えられました。
ありがとうございます。
yukoさんも、お疲れ出されませんように。
  • posted by TAKA 
  • URL 
  • 2009.05/02 21:58分 
  • [編集]

NoTitle 

たいへんな思いをされたのですね。今もまだ落ち着かれていないのではないでしょうか。
私は、同じ日本にいながら、元気に分かれたのに、家に帰ったとたん、連絡がはいり、かけつけると人工呼吸でした。もうダメだって思いました・・・・もっともっと何かしてあげればよかったと後悔ばかりで泣いていました。
YUKOさんが、はやく元気になられますように・・・
  • posted by べいべ 
  • URL 
  • 2009.05/02 22:38分 
  • [編集]

NoTitle 

そうだったのですね…
お父様のご冥福をお祈りいたします‥

時間がある時は
なるべくゆっくりとしてくださいね。


  • posted by 海月 
  • URL 
  • 2009.05/03 01:53分 
  • [編集]

NoTitle 

yukoさん、お父様のご冥福をお祈りいたします。

自分の父の時と重なりました。
私の場合は広島と富山と離れていました。
12月1日に手術をするという知らせで急遽帰省したら手遅れで年を越せるかどうか分からないと言われ、そのまま看病に残りました。
当時子供達は高校生と中学生でしたが主人がなんとかするから心置きなく看病しなさいと言ってくれたのです。
夜中に痛いと言ってしがみついてくる父、すこしでも痛みがとれないかと氷で冷やしてやるのに氷を買いに自販機へ走ると深夜氷の音が病院中響いて何故か涙が止まらず、でも痛みが治まってベッドに二人で腰掛けて朝焼けから日の出をじっと眺めていたことなど、未だに思い出します。
父との濃い一緒の時間を過ごせて幸せだったかもしれません。
家へ帰ってみると主人が毎日子供達宛てのメモ書きを残してあってそれと読んで又涙。
優しい主人と協力してくれた子供達に感謝でした。
その後母を直ぐ引き取って同居したのですが9年前
脳梗塞で倒れ2年半寝たきりになったのですが
最後まで看病できて悔いがありません。
末っ子の娘なのに何故か両親とも看取ることができて
幸せだったと思います。

遠く離れていると思うように看病ができなくて
辛かったでしょうね。
でも心は絶対に伝わっていると思います。
思いっきり泣いて下さい。
わたしなど人間はこんなにどこから涙が出てくるのだろうかというほどコタツの上がティッシュで山のようになるほど
泣きました。泣きながら立ち直ったようなものです。
お父様との思い出が宝物になりますよ。
人間必ず別れがあると分かっていてもやっぱり辛いですね。
今は主人との時間を大切にしようと思っています。
yukoさんも今の生活を大切にしてくださいね。
  • posted by ロココたえ 
  • URL 
  • 2009.05/03 06:02分 
  • [編集]

NoTitle 

yukoちゃん、悲しい別れを迎えてしまったのね。
最期にお父様はyukoちゃんと花ちゃんとご主人に会えて、良かったと思います。
意識は無くとも声は聞こえるそうですから、きっと感じて下さったはずです。
お父様の命は、yukoちゃんのなかに、花ちゃんのなかに、ずっと続いていくからね。地上に残った人間の幸せが、天から見守ってくれる人の幸せになるのだからね。
お父様のご冥福をお祈りいたします。
  • posted by もー 
  • URL 
  • 2009.05/03 11:04分 
  • [編集]

NoTitle 

yukoさん、
ただただ涙で読ませていただきました。
私も父を亡くし4年。いまだに、寝室から父が現れてくるような気がします。洋服ダンスの中にもまだ父の洋服がたくさんあります。愛犬もまだ父の臭いを感じているようです。
私も感謝感謝でおくりました。遠くにいらしても、お幸せに暮らしている事が、何よりの親孝行。yukoさんにしてみれば「この日」がそれこそ、いつか訪れる恐怖だったと思います。私もそう感じながらドイツに暮らしておりました。
ご冥福をお祈りします。

NoTitle 

名前を入れ忘れました。上のコメントは私です。ごめんなさい。

感謝 

直接言えてないとお思いでしょうが、十分伝わっていたと思います。親とは離れていても気持ちが通じ合うものです、心は言葉を超える場合があると思います。目でみてなくても、背中をむけていても感じるものはあるはずです。

臨終に立ち会うと、随分歳をとったなと思いませんか、普段接していると、そう感じないのですが、病の床でふせっていると余計その年輪の深さを知らされるものだからです。

きっと感謝の気持ちをいっぱい受け止めて、旅立たれたことでしょう。ご冥福をお祈り申し上げます。
  • posted by そよ風君 
  • URL 
  • 2009.05/03 13:47分 
  • [編集]

NoTitle 

結子さん 久し振りにBlogにお邪魔したら、お父さまの悲報に私もショックを受けています。。。悲しい時は無理して元気になろうと思わないで、思う存分悲しんで泣いてください。そして、お父さまに言えなかったこと、伝えたかったことをたくさん話しかけてあげてください。ご冥福を心からお祈りいたします。
  • posted by Sayuri 
  • URL 
  • 2009.05/03 18:00分 
  • [編集]

NoTitle 

yukoさん、大変お辛いことと思います。
最愛のお父様を亡くされた悲しみ、私もよく分かります。
10年前、私も母を亡くしましたので。
母が亡くなる前日、お見舞いに行ったのですが、その時もっとたくさん話しておけばよかった。
一緒に会いに行った娘が、なかなか帰りたがらなかったのに・・・と後悔したりしました。
でも、そんなことも悲しみも、時が少しずつ癒してくれました。
今は自由な魂の姿になられたお父様と、心の中でお話されたりすることと思います。

yukoさん、くれぐれもお疲れが出ませんように。
お父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
  • posted by sunnylake 
  • URL 
  • 2009.05/03 19:36分 
  • [編集]

NoTitle 

yukoさんへ

久しぶりに訪れたら お父様の訃報。。。驚いています。
心よりお父様のご冥福をお祈り申し上げます。

私も両親とも最後を看取ることが出来ず、そのときの哀しい思いも重なり、涙が零れ落ちました。悲しいときは心行くまで泣けばいい。私も時が哀しみを少しずつ癒してくれましたし、両親は今でも心の中に生きています。

一日も早くお元気になられますように。。。
  • posted by タウン 
  • URL 
  • 2009.05/03 21:21分 
  • [編集]

yukoさんへ 

ご心中お察し申し上げます。
お父様のご冥福、心よりお祈り申し上げます。

yukoさんの思いは、きっとお父様に伝わっていますよ。

親孝行って色々な形があると思うのですが。。。
親から立派に自立して、自分の道をきちんと歩いている。
親にとっては一番望む子供の姿だと思います。

そばにいて苛立ちながら介護すること、
最期を看取ることが、本当の親孝行なのか。。。

離れていても自分の道をしっかりと歩き、感謝の思いをめぐらせてること、
言葉で伝えなくても、
それはきっとお父様も感じとってるはず。。。

うまく言えませんが、yukoさんの生き方、思いは立派な親孝行だと思います。



  • posted by くれよん 
  • URL 
  • 2009.05/04 17:09分 
  • [編集]

お父さまのご冥福をお祈りいたします。 

久しぶりに訪れ、驚いています…。
大切な人を亡くすことは、本当につらいことですね。
でも、しっかりと受け止められているyukoさん。文章を読みながら、涙してしまいました。
時が癒してくれるのを待つしかないこともあるかと思います。どうか無理なさらず、お過ごしくださいね。
(ブログの引越しをしましたので、新しいアドレスを残していきます)
  • posted by 風音 
  • URL 
  • 2009.05/05 18:35分 
  • [編集]

NoTitle 

結子ちゃん

まだ貴方にかけたい言葉が見つかりません。
今はきっとご主人や、はなちゃんが心の支えになっていると思います。
私も日本を離れて生活している立場なので、何かにつけ両親のことは気になります。いつかは、いつかは--という誰もが乗り越えなくてはいけないこの出来事は、自分が家庭をもって両親と離れてから考えるようになりました。
結子ちゃんのお父様に対する思いは伝わっていますよ。
どうか時間の流れの中で、無理をせず、ゆっくりと心と体を休めてください。
ご主人と花ちゃんが、そして天国のお父様が貴方を見守ってくれますよ。 
  • posted by スイスより 
  • URL 
  • 2009.05/06 14:35分 
  • [編集]

NoTitle 

心よりお父様のご冥福をお祈りいたします。(拝
  • posted by ガウス@ 
  • URL 
  • 2009.05/06 15:44分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.05/06 19:22分 
  • [編集]

NoTitle 

離れていても、最後に会えたのは、yukoさん家族とお父様が
しっかりと、気持ちがつながっていたからですね…。
yukoさんの想いは、絶対に全てお父様に伝わっていますよ。
お父様は次のステージに上がって、皆を見守っていられると思います。
yukoさんとはなちゃんがお父様の話をしていたら…
微笑みながらお父様も聞いてるかもしれませんね…。
きっと、近くにいてくれるはずです…。



  • posted by ざくろ 
  • URL 
  • 2009.05/06 19:30分 
  • [編集]

NoTitle 

1週間ぶりくらいでお邪魔したら…
お父様の訃報…ということで驚きました。

でも
遠く離れていたのに看取ることができたことに奇跡を感じます。

ご冥福をお祈り申し上げます。
  • posted by dewey 
  • URL 
  • 2009.05/07 01:12分 
  • [編集]

NoTitle 

お会いすると必ず「じゅんちゃん元気にしてるか?」と息子を気づかってくださったお父さま。
温かく優しいお父さまでしたね。
今までもそうだったように、これからもyuko先輩家族を見守ってくださることでしょう。
ご冥福をお祈りいたします。
  • posted by Fuku 
  • URL 
  • 2009.05/07 08:59分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.05/07 11:22分 
  • [編集]

NoTitle 

久しぶりの訪問、そしてお父様の旅立ち。。
突然のことで驚いております。

お母様の誕生日に旅立たれたこと。
そして、皆さんの到着を待っていてくれたこと。
お父様の配慮なのだと感じました。

医療従事者として最後の日を共にする時、このようなたくさんの不思議な出来事に遭遇致します。

沢山の家族に見守られ、旅立つことができたお父様。
今度は天国からしっかりと見守って下さることでしょう。

心よりご冥福をお祈りいたします。
  • posted by かおり 
  • URL 
  • 2009.05/07 11:46分 
  • [編集]

お父さまのご冥福をお祈りいたします 

風の便りが、間違いであってほしいと、恐る恐る訪問いたしました。
事実と知り、動転いたしました。
お慰めの言葉を知りません。
いつかは、訪れる、避けることのできない、最愛の人の死。
結子さんの悲しみは尽きず、世の中が真暗闇になったような気持ちに襲われ、ただご遺体のそばにひれ伏して、泣き明かしたことでしょう。
お父様は、仏様になられ、残された、ご家族を守ってくださることでしょう。
私ごときものが何を言っても悲しみを、消すことはできません。
同じ仏教徒として。
釈迦の入滅時に弟子たちに残した言葉を送りたいと思います。

「私は、疲れた。横になりたい。あのサーラの双樹の元に、床を敷いてもらいたい。悲しむな。泣いてはいけない。長い間、よくこの私に仕えてくれ有り難う。心から感謝する。この世のものは、すべて無常である。放逸にならず、精進努力しなさい。」
結子さんはすでに、お父様の弟子なのです。
このような形での再会を悲しむ次第です。
               合掌
  • posted by 荒野鷹虎 
  • URL 
  • 2009.05/07 15:07分 
  • [編集]

NoTitle 

そうでしたか・・・。
お父様のご冥福、心よりお祈りいたします。

49日の間、お父様のぬくもりを感じ
深く繋がれる日々でありますように・・・。


  • posted by sakurako"raco"arakawa 
  • URL 
  • 2009.05/07 23:54分 
  • [編集]

ご冥福をお祈り申し上げます 

お父様のご冥福をお祈り申し上げます。

yukoさんの深い悲しみをお察しいます。身心共にお疲れの頃だと思いますので、しばらくはゆっくりと過ごしてくださいね。

最愛のお父様。
yukoさんが到着してから旅立たれたんですね。最後にyukoさん家族と会うことができて、お父様もyukoさんもよかったですね。
  • posted by シナモン 
  • URL 
  • 2009.05/08 03:24分 
  • [編集]

NoTitle 

大変でしたね
お父様が無事仏様の下へ行かれるよう
お祈り申し上げます。

家族に愛され、感謝され旅立たれたお父様は、
きっとお幸せだったことでしょう。

私にもいずれやってくる両親とのお別れの時には、
同じようにたくさんの愛と感謝を伝えたいと思います。
  • posted by 195 
  • URL 
  • 2009.05/08 09:34分 
  • [編集]

NoTitle 

とても残念でしたね。。。
とても悲しい気持ちが伝わってきて胸がつまる思いです。
きっと、お父様も結子さんに愛を伝えたくて待っていらっしゃったんだと思いました。
まだまだ、お辛いと思いますが、どうか頑張ってお父様に結子さんの歌声を届けてあげてください。
お父様のご冥福を心からお祈りいたします。。。

こんな事しか伝えられなくてごめんなさい。
  • posted by AYA 
  • URL 
  • 2009.05/08 17:39分 
  • [編集]

NoTitle 

お父様の訃報にふれ驚くとともにyukoさんのお気持ちも伝わってきました。私の父も私が病院に駆けつけるまで待っていてくれたので、そのときのことを思い出しながら読ませていただきました。

きっと、お父様はこれからさきずっと天から見守ってくださいますよ、元気に幸せに過ごすことが故人への供養でもあると法要のときに住職から伺いました。

お父様の分もyukoさんご家族がお幸せになられますよう、お父様のご冥福とともにお祈りいたしております。
  • posted by わたのん 
  • URL 
  • 2009.05/09 11:03分 
  • [編集]

NoTitle 

おひさしぶりです。
遅くなりましたが・・・
突然の訃報にただ驚いてます。
yukoさんご自慢の素敵なお父様ですよね。
きっとご家族皆様を今まで以上に
温かく見守って下さることでしょう。
こんなことしか書けなくてごめんなさい。
ご冥福をお祈りしております。
  • posted by chika 
  • URL 
  • 2009.05/11 00:09分 
  • [編集]

NoTitle 

お父様の訃報にどんなお気持ちかと
心が痛みます。
大変でしたね・・・
yukoさんの気持ちはお父様にきっと
伝わっていると思います。
病気と闘われて最後までしっかりとご自分の生き様を
子供たちに見せることのできたお父様をもって
yukoさんは幸せですね。
遠く離れてお母さま達のことも心配でしょうが、
そちらで幸せに暮らしていくことが一番のお父様の
ご供養だと思います。
どんな言葉も見つかりませんが、ご家族の皆様と
いっしょに乗り越えてくださいね。
ご冥福をこころよりお祈りいたします。
  • posted by lalanon 
  • URL 
  • 2009.05/12 12:06分 
  • [編集]

NoTitle 

このたびは、まことにご愁傷様でした。
そして、長旅おつかれさまです。
魂の近い人は、生死に関わる日が近いのだといつか聞いたことがありました。
Yukoさんのブログを拝見して、本当にそうなのだと思いました。
お疲れが出ません様に。
  • posted by うさ 
  • URL 
  • 2009.05/12 12:23分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.05/12 12:27分 
  • [編集]

旅立 

離れていても
話さなくても
愛していれば通じるものだと

きっとそばに居てくださいますよ
きっと

  • posted by のん 
  • URL 
  • 2009.05/15 17:02分 
  • [編集]

届いていますよ^^ 

yukoさんのように素敵な女性に育ったのですから
お父上様もきっと天国で自慢するコトでしょうね(*^-^)
最愛の人の死とゆのゎ
なかなかそうしようとして乗り越えられるものでゎありません
私ゎ昔つきあっていた彼氏を亡くしてしまいました

言いたい気持ちゎその時に言おう
一期一会を大事にしよう
あつくるしいくらい素直に、気持ちを伝えよう
そのころ半年以上かけて悩み苦しみぬいた結論がそれでした

いまゎお父上の素敵な思い出話に花を咲かせて
家族全員で笑顔で見送りましょうね^^

偉そうなコトを言ってしまい申し訳ありませんm(__)m

謹んでご冥福をお祈り申し上げます
  • posted by 愛音 
  • URL 
  • 2009.05/15 17:12分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.05/17 17:30分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.05/18 12:12分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://wienhappy.blog119.fc2.com/tb.php/275-2de86398

Menu

星が見える名言集100

プロフィール

三谷結子

Author:三谷結子
音楽活動を通じて人々の幸福と世界平和を祈り続ける声楽家。
この地球が愛あふれる星となることを心から願っています。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。