Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不利な状況でもできること・・・!

昨夜は私が今一番はまっている 『POP STARS』 の日。
大興奮でした!
この間「Never give up」の記事で夏ごろから・・・って書いたのですが、昨日見ていてこのオ-ディションすでに半年も経っていました。
このスター候補生達は半年この圧力・ストレスの中頑張っているんですね。

さてそもそもなぜ私がこの番組にはまりだしたか・・・といいますと、ここで審査委員長を務めている振付師のディ-氏のコメント及びトレ-ニング中に発する言葉の数々、毎週数人ずつ落とされていきますがその落とされた理由などに膨大な学びを得るからなのです。

12月6日がグランド・ファイナル。
ここで最終メンバ-が決定するのですが、といぅことは昨夜はファイナルに残る人を選択する最終オ-ディション。皆かなり気合入ってました。

しかし世の中には本人の意思とは関係なくやってくる試練といぅのがありますよね。
今回の番組ではまさにそれが起こりました。
7人の候補者の内3人がウイルスにやられ喉の痛み、熱、一人の男の子は咽頭炎を起こしてしまいました。
毎回1週間の間に新曲を暗譜してコンサ-トライブ様に振り付けから何まで完璧にパフォ-マンスしなくてはなりません。特に今回はファイナルに残るかどうかの瀬戸際。ウイルスは一番やってきて欲しくない訪問者でした。が人生ってそういぅ物なんですよね。
いつも自分の都合のいいように動いてくれない。

ここでこの番組を通じて発病した3人のキャラクタ-がまあよく映し出されました。
まずはこの7人の中では際立って才能のある黒人の女の子マルチェッラ。お父さんが超有名な歌手で血は争えないって感じで凄いです。
次は最年少で17歳の金髪のジェニ-。歌のタイトルにもありましたよね。かわいらしくってとっても努力家。
最後はユリアン君。彼は高音が売り物で今回の咽頭炎は彼の歌にとっては大変な痛手。

さてこの3人同時に発病しました。
薬を調達して音楽稽古は出来ないのでベットで休んだり心はあせりでかなりゆれたことでしょう。
こんな状況でもオ-ディションは待ってくれません。
本番の1日前にゲネプロがありました。
状況をすべて知っているディ-氏。
何も言わずに皆を歌わせました。
まず金髪のジェニ-ちゃん。
ベストコンディションではないとしても全体のパフォ-マンス、歌詞を通じての感情表現素晴らしかったです。
そして彼女のコメント。「これは一生に一度あるか無いかのビッグチャンス。風邪を引いてしまったことは悔やまれるけど今できる限りの力は出しきりたい。そしてファイナルに残りたい。」
と笑顔で語っていました。17歳でここまで頑張っている姿は見ているほうも感動します。

次はユリアン君。
彼も喉の専門医に治療を受けとにかく朝昼晩と5種類の薬を飲んで頑張って歌ってました。
彼も最高の笑顔で「全力を尽くすのみ。もし風邪のせいで声に影響が出て明日ファイナル直前で落ちたとしても悔いの残らない様できることを全力尽くしてやりたい!」
ここで落ちたとしても悔いの残らない・・・といぅのが素晴らしいと思いました。

最後にもっとも才能のあるマルチェッラちゃん。
彼女のパフォ-マンスは残念ながら魂の抜けたお人形のようでした。おまけに歌詞を覚えていない。

審査委員長ディ-氏がここで言った一言。
「マルチェッラ!君が病気で喉の調子がよくないのは知っている。だけど歌詞が入っていないといぅのはどういぅことなんだ! 『皆さんわかって~。私こんなに病気でこんなにかわいそうなんです』っていぅ情けない姿だ。」と。
彼女曰く
「だって音楽のコ-チは声が出ないから部屋で休めって私をベットに送り込んだじゃないですか。部屋で歌詞を勉強しようと思ったけど薬を飲んだから寝ちゃって間に合わなかったんです。」
ところがこの言い訳はここでは通用しないのです。あとの二人は同じ状況でパ-フェクトに曲を勉強していたのですから。今回は3人同時に病気になったことで性格が浮き彫りになってしまいました。
ディ-氏もあとの2人の成果を挙げ、「人間本気で勝負する時には言い訳は無いんだよ」って。「声が出なかったら歌詞を読み込め!」と。
散々お説教されて彼女がどうしたかといぅと・・・。
めざめたんですよ~!
本番まであと一晩。
半年間必死で頑張ってきて歌詞が覚えられなかったといぅ理由でこのチャンス棒に振るのはあまりにも情けないですよね。ユリアン君の言葉のように悔いの無いよう全力尽くした上で審査されたいですよね。
彼女はこの番朝の5時までレッスン室の鏡の前で猛練習していました。
そして次の日の本番前のインタビュ-では又一つ何かを学んだ光り輝いたマルチェッらがいました。そして一言。
「歌詞が身体に入り込むまで練習してたら朝5時になってました!でも寝ていなくても今日は最終で人生において一番重要なオ-ディション。今日のショ-を見に来てくれるお客さんに最高のパフォ-マンスをプレゼントしたい!」そう語る彼女は希望に満ちたピカピカ光り輝く最高の表情をしていました。

この2日間の彼女の姿を見て本人のやる気ってここまで人を変えられるのかなってびっくりしました。今回私に付き合ってこの半年間一緒に番組を見せられている主人もゲネプロの様子を見て、「彼女は僕のお気に入りだけど今回は危ないなあ」といってましたが本番の日はもう別人。最高の演奏となりました。

今回は1人だけファイナルに到達できませんでした。
いつも最終審査発表胸が痛みます。
が審査員一同もここまで来れば最高のレベルのものばかり誰が落ちても「信じられない~!」といぅ非難が来て当然。かといって全員をグル-プに入れるほど場所は無いと。
結局は頑張り屋の金髪のジェニ-が落ちちゃいました。
コンセプトに合わなかったのです。コンセプトは「ドイツ最高の熱いショ-」要するにセクシ-さといぅのを要求されて17歳の彼女はかわいいですがセクシ-さといぅ面から見るとまだひよこちゃんなのですね。
でもこれは仕方の無いこと。
私も同じような世界で生きていますからタイプが最終的に合わなかったといぅのはこちらが受け入れなければならない事実。
彼女はきっとこの経験をバネにして又何かに向かって走り出すでしょう!


マルチェッロは結局ファイナルに残りました。
ただディ-氏が最後にマルチェッロに言った一言が私の耳に残りました。
「君は今日最高のパフォ-マンスをしたよ。
ただ君はチ-ムにとっては『厄介者』だな。
今までも何かあると悲劇のヒロインを演じ、周りの者をその悲劇に巻き込んでしまう。そして周りのものがどんよりと悲劇の雰囲気に引き込まれた時君は突然本番で今日は気分が吹っ切れていい気分なんていって最高の公演をしてしまう。
しかし周りの皆は君に振り回されて嫌な時間を過ごしてしまう。
一人芝居ならそれでもまだ通用するかもしれないがチ-ムワークといぅのはそういぅものではない。舞台以外の場所でも皆が仕事をしやすいようにお互いにいい雰囲気を作る努力をしてお互いを思いやっていくもの。『気まぐれお姫様』では仕事にならない!」
ときっぱり言われました。
ただ彼女がそのことを学んだならば彼女の才能はぬきんでていますからそこに最高の光がさすことは間違いないのです。ディ-氏は一生懸命彼女にそのことを気づかせようと毎回指導しています。

自分が出来ないことを環境のせいや他人のせいにして自分をかわいそうな人間と演出する人が多いですが、それではやはり進歩がありません。
こんな不利な状況でも出来ることを探して全力投球していくのはいかがでしょう。
そうすれば必ず何かしら得るものがあって光り輝く未来に向かって前進することができると思います。

12月6日はもう私ドキドキしながらテレビにかじりついていることでしょう!


*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2007.11/23 23:16分 
  • [編集]

 

こんばんは。 うーん おもしろそうですね。 私も見たいな。 

小学校の頃、学校で臨時の合唱メンバーをつのり、合唱団を作ったんです。 区のコンクールに出るためです。 歌が大好きだけど、恥ずかしくて人前では躊躇する私も、入りました。 音楽の先生が中心で、毎日 合唱指導。 個人レッスンも徹底してました。 

いつの間にか 声が出せるようになり、「こんなに短期間で上達した子は他にいない」と言われ、信じられなかったけど、すごく うれしかったのを覚えてます。 努力した覚えもないのですが、好きだと、上達するのかな??? 

この記事ではるかかなたの事を、思い出しました。 ありがとうございました。 それにしても、見たいなあ。
  • posted by genfavbook 
  • URL 
  • 2007.11/23 23:45分 
  • [編集]

はじめまして 

はじめまして。

非常にレベルの高いところの話ですね♪

確かに「言い訳100万回」言って物事が好転するならいいですが、結局は自助努力で解決するしかないんですよね。
危険やトラブルって、逃げてしまうとかえって被害が大きくなるので、踏ん張って立ち向かった方が結果的に良くなることが多いです(経験上ですが・・・)。
しかし、才能のある人たちですら厳しいプレッシャーの中で戦っているのだから、凡人である自分なんかもっと努力する必要がありあそうです。

また、立ち寄らせてもらいます♪♪

genfavbookさん! 

歌ってらっしゃったんですね!e-343
昔から「好きこそ物の上手なれ」っていぅじゃないですか~。
私もいつも歌ってました。
自分の好きなことを見つけるのも才能のうちかな?

本当にたたけばどんどんいろんなものが降り落ちてくるgenfavbookさん・・・。次は何が出てくるのかな・・・e-3

  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2007.11/24 04:38分 
  • [編集]

満点パパさん! 

訪問ありがとうございます。
やはり人生は自助努力。
この番組を見ていると自分がとっても怠け者に見えてきます。
そしてとってもいい勉強になります。
皆影でいろんな努力をしているし問題を抱えていても外には全くそんなこと悟らせないで頑張っている人とか・・・。
もちろん中道思想を大事にしている私としては頑張り過ぎるのはもちろんよくないと思うのですが、頑張らなさ過ぎるのも困ったもの・・・。

自分の限界を知った上で頑張れる範囲で一生懸命に生きることは素敵なことだと思います!

又私も満点パパさんのブログにお邪魔しますね。
子育てのことなどいろいろ教えてくださいませ!
  • posted by Yuko 
  • URL 
  • 2007.11/24 04:45分 
  • [編集]

yukoさん今日は 

才能は大切ですが、最後まで残るのは矢張り真剣に取り組んだ人だと思います。

私はe-219が好きでよく観ますが、30歳を過ぎた頃から、競技に対する態度の差が出てくる様です。30を過ぎると、それまで若さと才能に甘えて不摂生をしてきた選手は思う様に身体が動かなくなるらしいので…
  • posted by Lio Valente 
  • URL 
  • 2007.11/24 13:33分 
  • [編集]

こんにちは♪ 

ワタシ、あんまりテレビをみないので、この番組も放映されてるのは知ってましたが、実際にはみたことないんです(´Д`;) 番組の中で、そんなドラマが繰り広げられていたんですね! ディー氏の「言い訳は通用しない」にちょっと考えちゃいました。 その通りだな~って思います。

それにしても、若いって素晴らしい(笑)

いつも遊びにきたいので、勝手ながらリンクさせていただきました。もしご都合悪ければ、恐れ入りますが、削除いたしますのでご連絡ください。
  • posted by cosdina 
  • URL 
  • 2007.11/24 17:59分 
  • [編集]

 

奥の深い番組ですね~!
番組の中でひとりひとりが成長していく様子を見られるのが楽しいし、何よりディー氏の言葉がけがとても勉強になりますね。
スターになるまでの道のりは簡単なものではなく、歌や踊りを習いながらも人としての生きかた、人生勉強をしているといった感じですね。それを見ながら、見ている視聴者もまた勉強になりますね。

日本でも、こんなすばらしい番組があったら私もすっかりはまっちゃうと思います!こんなすばらしい番組をYukoさん見られてうらやましいです。日本でも放送されないかな~(字幕つきで)
  • posted by ふみごん 
  • URL 
  • 2007.11/25 02:18分 
  • [編集]

Lio Valente 

本当にそうですね。
才能がいくらあってもそれだけではだめなんですね。
ウサギと亀の競争のお話と同じで表から見ているとウサギの方が早いに決まってると誰もが思うのですがうぬぼれて油断をしたウサギは亀にも負けてしまうんですよね!

「努力」といぅのは必ずどこかで報われます!
いろいろなことを学べる番組です!
  • posted by Yuko 
  • URL 
  • 2007.11/25 05:09分 
  • [編集]

cosdinaさん! 

こんにちは!
もし良かったら12月6日のファイナル見てください。
きっと感動しますよ!
な~んてミーハーでごめんなさいね!

でも本当にディ-氏のコメントはいつも核心をついていると思います。この番組見てるとこちらにも若さがみなぎってきますよ!v-411

私も素敵なcosdinaさんのブログさせていただきました。
これからもよろしくね。
  • posted by Yuko 
  • URL 
  • 2007.11/25 05:13分 
  • [編集]

ふみごんさん! 

昔からオ-ディション番組好きで、日本ではスタ-誕生を欠かさず見ていました。
実は当時は「スタ誕」に出場したくて必死に練習したんですよ。
見事親に反対されて試すことも出来ませんでしたが・・・(笑)

ディ-氏のコメントは本当に大好きです。
たっくさん名言があるんですよ。
でも彼のもっといいところは一人一人の才能を最大限に引き出そうと全力を尽くすこと。彼が本気だから本気でない若者に対してはものすご~く厳しいんです。ほとんど全員一度は涙を見せたんじゃないかな?でも彼の行っていることややっていることは的を得ているんです。彼らのことを本当に思っているんです。愛って時には厳しさもあるんですよね。

とにかく勉強になってます。

ふみごんさんに見てもらいた~い!

何かを極めるってやっぱり奥が深いですね!
  • posted by Yuko 
  • URL 
  • 2007.11/25 05:20分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://wienhappy.blog119.fc2.com/tb.php/40-eb875c7d

Menu

星が見える名言集100

プロフィール

三谷結子

Author:三谷結子
音楽活動を通じて人々の幸福と世界平和を祈り続ける声楽家。
この地球が愛あふれる星となることを心から願っています。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。