Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護のチャリティ公演♪

芸術の秋といぅことで
10月はあちこちでイベントがあり
私も多くの公演に参加させていただいております。

perchtoldsdorf+002_convert_20101023151639.jpg

今日は動物愛護協会主催のイベントのお話です♪
ウィ-ンから車で30~40分ほどのところにあるPerchtoldsdorf市。
こちらのお城にあるホ-ルでの公演でした。

宮廷歌手のレナ-テ・ホルム女史が動物好きで
動物愛護の為に物凄く力を入れているのは
周知の事実。
今回は彼女とやはり宮廷歌手で動物愛護者のハインツ・ホレチェク氏
が中心の歌と朗読の夕べでした。
そこに私と中国人のYuYuさん、ウィ-ンっ娘のAnitaさん3人が
出演しました。

これは飼い主を何らかの形で失ったり
飼い主から虐待されたりした動物を
保護し新しい飼い主が見つかるまでの間
収容される施設の
改善と維持の為のチャリティイベントでした。

perchtoldsdorf+008_convert_20101023163346.jpg

ホルム女史はもうすぐ80歳。
結婚せずお子様もいらっしゃらないので
彼女にとっては私達若いア-チストと飼い犬が
子供のようなもの。

運命っていぅのは
本当に時には残酷ですね。
彼女が一人でも寂しくなく気丈に生きていけるのは
彼女の最愛のワンちゃんボニ-君の存在があったからです。
がこの動物愛護のチャリティの2日前に
ボニ-君が急逝してしまいました。

本番1日前に予定していたゲネプロに何も知らずに
訪れた私達ア-チストの前で最初は気丈に
そのことに全く触れずにリハを進めていましたが
ある一瞬にその緊張した糸がプツっと切れて
彼女が泣き崩れました。

驚いてその事情を知り
次の日のこの過酷な状況
彼女が出演できる状態かどうか
皆本当に心配しました。

が、彼女はすぐに又思いを立て直して
これはボニ-の供養だと思って
やり遂げたい仕事・・・・・・と
当日は観客の皆さんに全く気づかせず
素晴らしい公演を全うされました。
彼女のその姿に
とても多くを学びました。

ボニ-君にその歌声はきっと
しっかり届いたことと思います。

この日は動物愛護のためのコンサ-トといぅことで
私達はすべて動物をテ-マにした曲や詩を選び
皆さんにお届けしました。

歌の方は
「ネズミ捕りの歌」(レ-ガ-作曲)
「ネコの2重唱」(ロッシ-二作曲)
「すずめのワルツ」(ウィ-ン民謡)
「野ばら」(ウェルナ-作曲)

あとは宮廷歌手のお二人による朗読でした。

perchtoldsdorf+010_convert_20101023172138.jpg

とても素敵なお城の中に作られたホ-ルでの公演・・・。
寒かったけれどこの日はボニ-君からの贈り物かしら・・
曇り空に急に太陽が顔を出し
丁度私達がこの街についた17時頃は
美しい夕日が拝め
少しの間この景色を堪能しました。

perchtoldsdorf+004_convert_20101023155007.jpg perchtoldsdorf+005_convert_20101023162439.jpg

最近世界中で虐待など非常に残念なニュ-スを
たくさん耳にします。
生命ある小さな生き物達・・・・
小さな人間の子供達も含め
意思が伝えられない小さな生命を
出来る限り守ってあげたいですね。

perchtoldsdorf+009_convert_20101023162915.jpg


*Comment

yukoさん、こんばんは。 

素敵なコンサートが出来てよかったですね。
お疲れ様でした。

我が家もダックスを2匹飼っていますが、本当に可愛い物です。琴音は夜10時になると私の布団の中で先に寝てしまいます。赤ちゃんみたいでしょ。
音々はお父さんっ子なので、夫の布団の中。
夫が仕事の時は私の傍から離れず琴音と張り合っています。
音々の方が7歳上ですが、琴音が叱られると凄くかばうんです。ヤッパリ兄弟と思っているのかも知れません。

本当に日本国内も毎日事件が耐えません。
特に年寄りへの虐待とか、平気で親を殺してしまう。
本当に人間にあるまじき事。
教育を親から受けて来なかったのでしょうね。

親への感謝、ペットへの感謝全て同じですね。
世の中世界中が気象もそうだし狂っているのが本当に気に成る今日この頃です。
  • posted by nami 
  • URL 
  • 2010.10/30 22:20分 
  • [編集]

ペットとは思えない。肉親以上の思いです。 

こんにちは。私の愛犬モモも15歳になりました。
3回ほど心臓発作を起こしました。
いつ何がおこるかわかりませんが、
この子を失う時の事は想像もつきません。
両親を次々に失い、一人で、子供のいない私にとっては
どうなってしまうのかと考えるだけで・・・・
「モモちゃん、今幸せ?」と聞きたいくらい。
私のところに来てくれた事を感謝しますが、
私のところに来てはたして幸せだったのかなーとも
思ってしまいます。
  • posted by olivemomo 
  • URL 
  • 2010.10/31 03:21分 
  • [編集]

 

素敵なお城での、コンサート、
お疲れ様でした~♪

動物愛護のチャリティーもかねてという事で、
ホルム女史の事考えると、ほんとにお気の毒ですね。
我が家も、主人は犬好き、娘は猫好きですが、いまだに飼ってはいません。
私がどうも動物の死を見るのが嫌だからかな?
ってことで、家の前には、置物のわんこが置いてあるけど・・・
動物を飼っている人にとっては、家族同様なんでしょうね。
  • posted by EMI* 
  • URL 
  • 2010.10/31 20:01分 
  • [編集]

 

本物のプロフェッショナルですね!!
この様な時にこの様な言葉を使って良いものかと悩みましたが、仕事に対する姿勢に感動しました。。。
ウチの姫ちゃまは前飼い主の転勤の為我が家にやって来ました。
おぼっちゃマン君は皮膚病になって前飼い主に捨てられました。
ハナちゃんは人にではなくタヌキに尻尾を食いちぎられました。
なので、ウチに来で当分の間は心の傷を引きずっていました。
いまでは元気になってくれたのではないかと思っていますが、きっと心のどこかに捨てられた寂しさや辛さが残っているのではないかと思っています。
動物を虐待したり、折角ご縁があったのに捨てたり。。。
その様な事をする人が改心してくれる事を心の底から願っています。
命の重さは、人も動物達も同じですので。。。^^
  • posted by はまぴー 
  • URL 
  • 2010.11/01 06:39分 
  • [編集]

 

お疲れ様でした
チャリティーイベント
動物も人も同じ
命あるものすべてを大切に
yukoさんいつも頭が下がる思いです
私もスピッツを飼ってた時期があります
ある日スピッツが首輪がはずれ
外に飛び出しはねられました
体もどこも傷ついてなかったので安心しました
それから首輪が外れると
首輪をはめて下さいと言ってるかのように
玄関に入ってきてました
怖かったのでしょう
そんな中・命を大切に
守ってくださるボランティアの方たちがいて
もらえる事・・動物たちにとっても幸せな事ですね
人だけではなくすべてのものを大切にしていきたいですね。
けど言葉に出してもなかなか難しいです
少しでもお役に立てればと私も思います
いつもyukoさんの書き込みを見て
この地球の中にお会いした事も無いのに
賛同させられる人達がいらっしゃる事を
うれしく思い・元気をいただきます
ありがとうございます
多忙な毎日
お体に気をつけて
お仕事頑張ってください!!
  • posted by sumire 
  • URL 
  • 2010.11/01 17:24分 
  • [編集]

namiさんへ♪ 

namiさんのところは
可愛い2匹のワンちゃんがいらっしゃるんですよね!
ワンちゃんもネコちゃんも
ペットとして飼うと
もう人間と同じ存在ですよね!
言葉をしゃべらないけれども
しぐさや鳴き声などで
いろいろな感情を感じ取ることが出来ますよね。

殺伐とした昨今!
その地上を照らすものは
やはり人々の愛の思いだと思います。
気づいた人から身近な人や動植物に
愛の思いで接すること・・・・・。
これが地球を護る一番の特効薬でしょうね♪

お互い家族にペットに(私はペットはいませんが・・・)
最大限の愛を注いで行きましょうね♪
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2010.11/01 17:51分 
  • [編集]

olivemomoさんへ♪ 

モモちゃんも色々な経験をしたのですね。
でもきっとolivemomoさんの元にやってこれて
幸せだと感じていると思いますよ!
とっても優しくて暖かいolivemomoさんと出会えたんですものね!
モモちゃんは親であり、子供であり伴侶であるのですね。
どうぞこれから先も
お二人の素敵な時間を大切にしてくださいね!

  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2010.11/01 17:57分 
  • [編集]

EMI* さんへ♪ 

実は私がペットを飼えないのも
EMI* さんと同じ理由です。
主人はたまにネコを飼いたいな~なんていぅのですけれど、
なかなかこの慌しい毎日を思うと
充分にお世話が出来ないような気もしますしね。

こちらの人たちは
本当に皆さん動物を飼っていらっしゃって
皆さん我が子、又は伴侶同様に
思っていらっしゃいます。

ホルム女史も自分の息子を亡くしたような
深い悲しみの中にいらっしゃいます。
周りの皆でこれから励ましながら
早く元気になられること祈っています♪
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2010.11/01 18:09分 
  • [編集]

はまぴーさんへ♪ 

はまぴー家の癒しのネコちゃんたちには
そういぅ過去が隠されていたのですか!
はまぴーさんのところに縁があってやってこれたのは
本当に幸福でしたね。
皆心の傷をはまぴーさんの愛情で
癒しているのですね。

ペットを飼うといぅのが
最近生命あるものを飼うといぅ認識がなく
おもちゃ屋さんに売っている
動くおもちゃの延長のように購入して
飼ってみたら案外お世話が大変だった・・・
といぅ理由で手に負えなくなって
捨てたり・・・・・・。
生命といぅ事に関する関心が
薄くなってきているようで
皆さんもう少しよく考えて欲しいな・・・・
と願うばかりです。

ホルム女史のプロフェッショナルな姿には
やはり感動しました。
暫くはこの心の痛みは消えないでしょうから
少しでもサポ-ト出来ればと思っています。
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2010.11/01 18:17分 
  • [編集]

sumireさんへ♪ 

動物達って言葉がしゃべれないので
人間様に飼われたら
その飼い主の思いによって
様々な運命をたどることになりますよね。
素敵な愛情多き飼い主の元にたどり着いたら
幸せでしょうが
そうでない例も多々あるのが現実。
私達人間は
もう少し生命に対する関心を
強めて深めていくべきかな・・・・て
おもいますね。

何が出来るわけではありませんが
でもそういぅ思いを持って生きるといぅのも
人間の持つべき責任感のひとつだと思っています。
今ペットを飼っていらっしゃる皆さんには
是非彼らの本当の思い、願いといぅのを
読み取ってあげて欲しいと思いますね♪

「命の重要さ」といぅこと
今一度考えてみたいなって
思います!
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2010.11/01 18:24分 
  • [編集]

 

yukoさん、おはよう!!

素敵なチャリティーコンサートだったようですね。
ヨーロッパには小さな村にもお城があったりして
良いですね~

2日前に最愛なるペットを亡くされて
気丈に歌われたとのこと、やっぱりプロなのかな~

我が家にも昔大型犬を飼っていました。
13才で亡くなったのですが
大型犬なのに家の中も自由にさせていたので
本当に家族のようでしたよ。

最近、弱者に対する虐待を良く聞きます。
世の中どうなって行くのでしょうか、とても心配です。
育った環境が行けなかったのでしょうか。
命の重さが分かってないのでしょうか。


  • posted by ロココたえ 
  • URL 
  • 2010.11/02 05:31分 
  • [編集]

 

お仕事、お疲れ様です♪
ステキな場所での
コンサートですね!
愛犬を亡くされても、歌われた
ホルム女史、その後お元気でしょうか?
心穏やかでいらっしゃると
いいのですけれど…
  • posted by cosdina 
  • URL 
  • 2010.11/02 05:41分 
  • [編集]

ロココたえさんへ♪ 

ホルム女史はやはり本物のプロですね。
本番の様子を見ていて
感動してしまいました。
これから少しずつ元気を取り戻されること
心からお祈りしています。

弱者に対する虐待・・・・。
物が溢れ、子供の頃から何でも与えられるのが当たりまえ・・・・と育った人たち、
又その逆に親が忙しかったり
今では離婚や様々な事情で複雑な環境で
育った人たち・・・
こういったことが心を狭くし、
愛情不足や不信感などを増上させているように感じます。

その不満が虐待といぅかたちで
表現されてしまっているのかな・・?
と感じる今日この頃。

自分も子育てしている身で
物が溢れる昨今
価値観を教えたり
といぅのが難しい時代だなぁと
つくづく感じています。

自分が気をつけても
周りから滝のように流れ込む贈り物・・・・。

愛情も行き過ぎると毒化しますし
程よくといぅことを心していかないと
あとで取り返しのつかないことになりますね。

様々な思いをめぐらせる今日この頃です!!!
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2010.11/02 15:35分 
  • [編集]

cosdinaさんへ♪ 

来年80歳になられるホルム女史。
だんだん孤独になっていって
飼い犬のボニ-君だけが
唯一の身内といぅ感じでした。
なので暫くは気持ちが落ち込んで
寂しい思いをされるでしょうね。
この歳でも元気でたくさんの公演や
テレビ出演などがあって
忙しくされているので
今は気分が紛れているようですが・・・。

暖かく見守らせていただきたいと
思っています。

  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2010.11/02 15:39分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://wienhappy.blog119.fc2.com/tb.php/612-61009f10

Menu

星が見える名言集100

プロフィール

三谷結子

Author:三谷結子
音楽活動を通じて人々の幸福と世界平和を祈り続ける声楽家。
この地球が愛あふれる星となることを心から願っています。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。