Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短い生涯

今日仕事から帰ってくると義母からとっても悲しい報告を受けました。
主人のいとこの子供さんが今日急逝したと・・・。
13歳でした。

彼マヌエル君は心臓に欠陥を持って生まれてきてすぐに大手術を受けましたが残念ながら脳に障害を生じ重度の障害児として今まで生きてきました。
大手術を受けたにもかかわらず生後数ヶ月で食欲が旺盛で血色がよく本当にどこか具合が悪いのかしら・・・?と思わせるほどでした。
成長するにしたがってやはり障害の重さを感じざるを得ませんでしたが母親である主人のいとこ(私より2歳年下)がとっても明るくポジティブに彼と接している姿は神々しいものがありました。
又マヌエル君の明るさは私達にいつもポジティブなエネルギ-を与えてくれ我々親戚一同の間になくてはならない存在でした。

今でも覚えているのが3人いる主人のいとこのうちの一人の誕生日パ-ティ-で何か歌ってと言われて即席で伴奏も無しでアカペラで歌った時、彼が走り寄ってきて私の目の前で一生懸命歌を聞いてくれていたこと。そしてその日から「お歌のYuko」と言って会うたびに私のところに寄ってきて一緒に遊んだこと。
13年間本当にたくさんの思い出を作ってきました。

このマヌエル君を通してとっても大切なことをたくさん教わりました。
彼といぅ純粋で清らかな存在がどれだけ人々に幸福を与えてきたか。
一緒によく笑ったんですよ。
体が不自由だってぼやきも妬みも何もない彼。
私達は五体満足で健康なのに小さなことをぼやいてばかり。
彼を通じて「足るを知る」といぅ事教わりました。

彼の母親も素晴らしい。
彼女はいつも朗らか全く物怖じせずとっても堂々としていて母親の鏡のような人です。
彼に障害があるからといって彼を特別扱いしたりせずきちんと厳しくしかったり、又いつも彼を暖かく抱きしめたり。

彼女の人生も大変でした。
マヌエル君が生まれてすぐ事の大きさに彼の父親である男性は逃げていってしまいました。
そのあとある素晴らしい男性と知り合い最近結婚したのですが生まれてから十数年この彼はマヌエル君を信じられないほどの愛情で包み込みまわりは彼が実父なのではないだろうかと錯覚するほどでした。
普通では到底考えられないほどの愛情でした。

考え方はいろいろです。
13歳の子が命を絶ったと聞くとすぐさま可愛そうに・・・とか中には神様を恨むようなことを言い出す人がいますがマヌエル君は神から与えられた人生を生き抜いたのです。彼の使命を果たした素晴らしい人生だったように感じます。

とっても近しい人物だったためもちろん私達も今悲しみでいっぱいなのですがこんなに多くのことを学ばせてくれた彼に心からお礼を述べたいと思います。
そして不自由な体から開放されて今自由に天に向かって飛び立ったこの新たな出発に大きな拍手を送りたいと思います。

天上界からたくさんの愛を持ってこの地上に生まれてきてくれて本当にありがとう。
とっても短かったけどマヌエル君、あなたに会えて光栄でした。
これからも天国から私達にたくさんの光を送ってくださいね!
そして私たちを指導してください!
障害も痛みももう感じない自由な天上界で思いっきり駆け回ってください。
そちらの世界での幸福を地上から祈っています!

*Comment

 

私もYukoさんに共感しています。
今、マヌエルくんはすべてから解き放たれ、天使になって自由自在に天空を舞っているのだと感じます。私たちには見えないけれど、愛の光りにあふれた世界。それを信じ、皆様の心安らかであるようはるかから祈ります。
  • posted by rain 
  • URL 
  • 2008.01/31 06:49分 
  • [編集]

 

お会いしたことがないマヌエルくんですが、とても純粋なる光を感じました。光輝く笑顔を感じました。そして、旅立たれた悲しみがあるなか、感謝の気持ちを伝えているYukoさんの心に、私は心打たれております。
私も、マヌエルくんのご冥福を心からお祈り致します。
  • posted by かおり 
  • URL 
  • 2008.01/31 09:50分 
  • [編集]

 

彼は与えられた時間の中で人より懸命に生き、暖かい人の中でたっぷりの愛情に包まれて、とっても幸せだったと思います!
そして、愛をもらっている分人に沢山の幸せを振りまいてくれたんですね。
会ったことがないマヌエル君ですけど、
yukoさんの文を通して、彼から日々一生懸命生きる大切さを学びました。
心から、マヌエル君のご冥福をお祈りいたします。
  • posted by AYAKA 
  • URL 
  • 2008.01/31 10:44分 
  • [編集]

 

マヌエル君はこの世に「ショートステイ」だったけど、純粋に一生懸命生きたし、まわりの人にいろいろなことを教えてくれたんですね。 ご冥福をお祈りします。 今度は本物の天使になられたんですね。

私が子供の頃、脳に障害のあるハトコがいました。 やはり13歳の時、学校の遠足で山に行き、足をすべらせて落ちてしまい、亡くなりました。 体は大きかったけど、誰よりも優しい性格の子でした。 他の子どもの荷物を、自ら申し出て持ってあげてたそうです。 今 思い出しました。 彼もまた天使になったのだと思います。
  • posted by シャイドリーマー 
  • URL 
  • 2008.01/31 11:02分 
  • [編集]

 

こんばんは。
Yukoさん、お立ち寄りありがとうございました。

  命について考えさせられました (悲)
いつもかわいくて元気だった13歳のお子様が。。。(涙)

心よりご冥福をお祈りします。     みちのこ
  • posted by みちのこ 
  • URL 
  • 2008.01/31 17:28分 
  • [編集]

 

人の死はいつも大切なことを教えてくれますよね。

そして、その方の「死の意味」が、今後の我々が生きていく上で生かされて欲しいと思うのです。

僕に素晴らしい表現を教えて下さったYuko様の大切な方がお亡くなりになられたお話を聞きますと、(僕が申し上げるのも大変烏滸がましいですが)他人事には思えないのです。(子供の頃から人の死に敏感に生きてきた故)


時間の流れは平等ですが、時間の終わりは平等ではないし、人の為に生きて来た人が必ずしもそれ相応の死を迎えるとも限らないのが現実。

人の死は悲しいです。
悔やまれます。

しかし、マヌエル様は少し違うと思うのです。
文面だけで勝手な判断をしてしまうのも恐縮ですが、
彼の生き様がどれだけの人々を勇氣と幸せに導いてきたか。

幼い体で大人でも耐えきれない試練をマヌエル様は乗り越えられて、1日1日を生きてきたと感じました。


それと、供養とはその死を悔やんだり、亡くなられた方の為に毎日毎日お線香をあげたり、手をあわせたりすることではなく。
その方と共に生きたことを誇り、みんなが笑って幸せに暮らして行くことが何よりの供養だと思うのです。(もし自分が死んで長いことメソメソされちゃ~僕は安心して成仏出来ません)


このように、色々なことを氣付かせ頂いたキッカケになったのも、Yuko様との出会いです。

顔も知らぬ人やこの世にいない人まで、本当に人と人は繋がっているのですね。


自分の成すべき(と思う)ことが、マヌエル様の処まで届くよう精進致します。

きっと安らかにお眠りになっていることでしょう。


ご冥福をお祈りいたします。
  • posted by DAIGO 
  • URL 
  • 2008.01/31 18:03分 
  • [編集]

 

rainさん!
共感いただいてありがとうございます。
本当に屈託のない天使のような子でした。
彼のご家族のことを思うと勝手なことはいえませんがでも彼は確実に愛と光に溢れる神のもとに導かれていると感じます。
だから精一杯明るく送ってあげたいと思います。

かおりさん!
いつも子供達には感謝してしまいます。
愛の中でも「存在の愛」の分野に入るのではないでしょうか。存在自体が愛そのものであるといぅ・・・。
私達にとって彼はまさしく「存在の愛」でした。
きっと今は自由に笑顔で「心配しないで!悲しまないで!僕は大丈夫!」って飛び回っているような気がします。

AYAKAさん!
AYAKAさんのおっしゃる通り彼は彼の人生を一生懸命に生き切ったんだと思います。
私も生きることについてあらためて考えさせられました。
自分に与えられたこの生命大切にしていきたいですね。そして出来れば多くの愛を他の人に与えられる人間に成長していきたいものです。
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.01/31 18:39分 
  • [編集]

 

シャイドリーマーさん!
同じような経験をされているのですね。
彼らは心に何の悪意も持たず何の毒素も持たず純粋なまま天国へかえって行ったのですよね。
きっとシャイドリーマーさんのはとこさんもマヌエル君も今じゃピカピカに光り輝いていることでしょう。
人間は地上での心の輝きだけを天国に持って帰ることが出来るんですよね。
我々も彼らのように純粋で美しい心を持って気持ちよく天に帰っていきたいものです!

みちのこさん!
昨日立ち寄らせていただきました。
みちのこさんのブログは何故かホッとするのです。(勝手ながら・・・)
今の時代命の尊さを考えさせられるようなことが起こってます。
私ももう一度生命について考え直してみようと思ってます。

DAIGOさん!
素晴らしいコメントありがとうございました。
DAIGOさんのおっしゃるとおりで私もその考え方です。
供養とはその死を悔やんだり、亡くなられた方の為に毎日毎日お線香をあげたり、手をあわせたりすることではなくその方と共に生きたことを誇り、みんなが笑って幸せに暮らして行くこと
私も彼と出会えたことに心から感謝し彼の話をしながら幸せに生きていけるよう努力します。
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.01/31 18:53分 
  • [編集]

ご冥福をお祈りいたします 

まず、マヌエル君のお母様に本当にお悔やみ申し上げます。
わが子を亡くすのは本当に辛いです。
一日でも一日でも長く一緒にいたかったはず。
最後まで一緒に過ごし、大切に日々を過ごされたと思います。

マヌエル君は今頃、きっといっぱいの友達が出来て、楽しく笑って過ごしていることと思います。
そして、違う形になって、またみんなのところに現れると。
彼の勇気、お母様の優しさはきっと関わったみんなのところに大切な物を運んでくれましたね。
私も子供との時間を大事に過ごしたいと思います。

安らかに天国での日々を過ごしていると信じて。
ご冥福をお祈りしております。
  • posted by youyuito 
  • URL 
  • 2008.01/31 21:53分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2008.01/31 22:15分 
  • [編集]

 

はじめまして。
rainさんのリンクよりお邪魔しております。
yukoさんの文章を通じてマヌエルくんから、生きる大切さ、命の尊さを学ばせていただきました。
ありがとうございます。
そして、心よりご冥福をお祈りいたします。
  • posted by ちか 
  • URL 
  • 2008.01/31 22:29分 
  • [編集]

 

すべての生と死には、意味があると思います。
たくさんの愛と勇気と笑顔を与えてくれた、
マヌエル君の、ご冥福をお祈りいたします。
  • posted by ガウス@ 
  • URL 
  • 2008.02/01 00:00分 
  • [編集]

 

短いながらも天命をまっとうし、こんなにも出会った人に愛や光を与えてくれたマヌエル君、きっと今頃、天上界で笑いながら走り回っていることと思います。
マヌエル君のご冥福を心からお祈りいたします。
  • posted by ふみごん 
  • URL 
  • 2008.02/01 00:53分 
  • [編集]

 

youyuitoさん!
私達子供を持つ母親として子供を亡くす辛さ悲しさ痛いほどよくわかりますよね。
マヌエル君のお母さんは最高の愛を注いだ方です。マヌエル君自体、この最高の母親とこれだけの時を片時も離れず過ごせたことは最高の幸せだったと思います。
これから彼女は寂しい時を過ごすでしょうから我々親族はできる限り彼女に寄り添ってあげたいと思っています。

ちかさん!
初めまして!
コメントありがとうございました。
本当に生命の大切さ与えられた人生を生き抜くことの重要さ考えさせられました。
完璧な人生を送ろうとするのではなくよりよい人生を送ろうと努力することが大切ですね!
彼から学んだ笑顔と明るさで私もよりよい人生を送れるように修行します!
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.02/01 05:29分 
  • [編集]

 

ガウス@さん!
ガウス@さんのおっしゃるとおり我々がこの地上に生まれ落ち生を受けたことそして死は必ず誰の元にも訪れるといぅ事これには大きな意味があるのですよね。
この地上で多くのことを学ぶ機会を与えられている私達は様々な試練を通して成長を成し遂げるのですね。
これからどんな事が起ころうとどんな試練が降りかかろうと神は私達の解ける問題しか投げかけないといぅので与えられた問題を解いて魂の糧として前進していきたいと思います。
マヌエル君からの学びは本当に大きいです!

ふみごんさん!
短期間ではありましたがこの彼の短い人生は他の人とは比べ物にならないほど中身の濃い物だったと思います。
彼から与えられた愛・光を大切にし我々が今度はその使命をついで行けたらと思います。
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.02/01 05:40分 
  • [編集]

 

マヌエル君と、マヌエル君を囲む周囲の人たちのエピソードに感動しました。

純粋に「生きる喜び」を教えていただいたような気がします。

一生懸命に生きたマヌエル君のご冥福をお祈り申し上げます。
  • posted by セレン母 
  • URL 
  • 2008.02/01 23:37分 
  • [編集]

 

セレン母さん!
生きるといぅ事はいつも理想どおりに行くとは限りませんよね。
でも今与えられた時間を自分なりに最善のものとし喜びを見出すことは出来ると思います。
私も我が子やマヌエル君から学んだことをしっかり胸に刻んで純粋な魂でわが人生を生き抜きたいと思います。
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.02/02 05:25分 
  • [編集]

 

人生の意義とは「時間の長さ」だけではないと思います。
でもやはり、一緒に居た人が居なくなるというのはさびしいものです。

きっと彼は13年の間に、人生を全うしたんだと思います。
そして今は自由になって次の世界へとたち立ち、そこで幸せになることでしょう。
私も周りに何か与えられる人生を送りたいなぁ。
ぼやいてばかりの毎日じゃダメですね(^^ヾ
  • posted by ゆきぶー 
  • URL 
  • 2008.02/02 11:59分 
  • [編集]

 

ゆきぶーさん!
おっしゃるとおりですね!
「時間の長さ」だけでなくどのような人生を送ったかといぅ中身で人生の意味は変わってくると思います。
どんなことが出来るかわかりませんが私もできれば人の役に立ち、周りに何かを与えられる人生を送りたいと思ってます!
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.02/02 19:17分 
  • [編集]

 

短い時間ではあるけれど彼は人生を全うしたんですね。
みなさんと同じようなコメントになりますが、現世で生きる私たちには悲しく、死を受け入れる事は簡単な事ではないと思います。

どういう風に言ったらいいかわかりませんが、
13年という時間でこの世で大きな役割を果たした彼の魂は私のそれよりずっとずっと清く、位が上だと思います。

また会えるといいですね。

  • posted by nobody knows 
  • URL 
  • 2008.02/02 21:13分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://wienhappy.blog119.fc2.com/tb.php/62-9e4eb1d2

Menu

星が見える名言集100

プロフィール

三谷結子

Author:三谷結子
音楽活動を通じて人々の幸福と世界平和を祈り続ける声楽家。
この地球が愛あふれる星となることを心から願っています。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。