Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画のおはなし!

昨夜久しぶりに主人と一緒にDVDを見ました。
主人お勧めのコメディ-。
彼のお気に入りの映画らしく私は初めて鑑賞しました。(うちの主人は映画狂です!)
【Plotz with a View】 (「ボリスの恋」とか「見解による計画」とか訳されていました)

内容は非常に内気な男性ボリス(葬式屋)と市会議員夫人のベティとの純愛物語。 なぜ純愛かといいますと、この二人はティ-ンエージャ―からの知り合い。当時のダンスパ―ティでダンスフロア―に立っているこれまた純真なベティ―にダンスを申し込もうと壁の陰から様子を伺う内気なボリス。 この内気な性格を押し切って一生懸命勇気を振り絞ってさぁ誘いに行くぞ~っていぅその瞬間に今現在のベティ―の夫君に先を越されてしまいます。結局思いを告げられず時間が経ってしまいます。
それから30年後に話が進み、ベティ―の夫のお母さんがなくなったのをきっかけにその葬式をお願いするため彼女がボリスのところにやってきます。そこからボリスの今まで秘めていた愛情が爆発。 実はこのベティ―も彼のことが好きだったのです。現在の夫は市会議員といぅ立場をいいことに秘書と浮気。この秘書も彼に結婚を迫るといぅずうずうしさ。おまけに彼にとってもまんざらじゃない・・・。そんなこんなでコメディ―が始まります。現代版ロメオとジュリエットのような展開になり、ボリスの職業を利用してベティ―を死んだことにして葬式を挙げてしまってそのあと2人でタヒチに逃亡しようといぅ筋書き。ボリスの知り合いの医者に援助を頼んで結構巧みな計画。街で開かれたダンスパ―ティの場を利用して踊ってフロアでぐるぐるタ―ンしているうちにバルコニ―の手すりからバランスを崩して落下といぅ計画。 すべて計画済みでベランダの下には医者が待機。顔や服などに赤い絵の具で細工をし、死亡を確認します。すぐにボリスの車で彼の店に移しいろいろありながらも計画通り、埋葬され、無事2人はタヒチに逃走。といぅハッピ―エンド。


この中にとっても可愛い男の子が出てきます。そしてある1シ―ンが私の心をつかんだので紹介しますね!
彼は小さい時に両親を失いおじいさんに育てられていますが、裕福な家庭の子でないためたまたまこのベティ―の家の庭の手入れをするといぅお仕事をもらっていました。ある日ベティ―が庭で仕事をしているこの男の子のところにやってきてふと庭を見渡すと、雑草がきれいに残されていました。ベティ―が「あなたが残している草は雑草なのよ、どうして残してあるの?」と聞くと、「どうしてこれが雑草だって思うの? とっても不公平だよね。だってこの植物が咲かせる花はとっても美しいんだよ。なのにある人が『これは雑草だ』と決めた途端この植物はこの美しい花を咲かせる前に全部摘み取られてしまう・・・。」これを聞いた心の優しいベティ―は「あなたのいぅ通りね。今日からこれは私達二人のお気に入りの植物として育てましょう!」と言ってその一角を彼にそのままにしていいと許可します。私が思わず涙したのはベティ―の偽のお葬式のシ―ン。もちろんベティ―は死んだフリをしているだけなのだけれど、この男の子にとっては一番の理解者が死んでしまったといぅ最悪の事態。彼は例の二人のお気に入りとして育てた草がつけた白い花を摘んで花束にして棺おけの中にそっと入れてあげるのです。このベティ―もちろん彼の事は計算に入れていて遺言状に全財産がこの男の子とそのおじいさんのものとなる旨を記しぬかりありません。

先日ブログ友達のふみごんさんの書かれた記事 「見落としているもの」 といぅのを読んだあとこの映画を見たのでこの男の子の言った言葉がとても心に響きました。最終的には楽しいコメディ映画でしたがとっても感動しました。

たまにはこうやって夜のひと時主人と二人でほんわか素敵な映画を見るのもいいですね!
とっても癒されたひと時でした!

*Comment

Plots with a View 

コメディ…、と思って読んでいたら、深くなりましたね。
この男の子が何歳の設定なのか分かりませんが、良い
台詞を言わせますね。
どちらの(国の)作品ですか?
  • posted by 孤舟居士 
  • URL 
  • 2008.02/28 20:37分 
  • [編集]

★孤舟居士さん!★ 

私もコメディ―だと思ってみていたのですが、この子供の設定など結構深いところがありましたよ。
この男の子は8歳、9歳くらいの設定だと思います。この子は最高の味を出していましたよ。この映画は英国の作品です。一応ブラック・コメディ―と位置づけされています。Alfred Molina、Brenda Blethyn が主演です。
「ショコラ」っていぅ映画見られましたか?これも同じメンバ―で(これにジョニ-・デップなどが出ていたかなぁ?)構成されていてとっても素敵なお話。もし可能であれば是非一度見てくださいね!
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.02/28 22:03分 
  • [編集]

 

yukoさんの文章を読んでいるだけで感動してしまいました。
こんな愛の形もあるのですね。
後先(あとさき)も考えないコメディー的な話の展開と、
踏みとどまってじっと考えさせてくれる部分とがこの映画の中には
織り込まれているんですね。
この男の子の台詞は、「星の王子様」の中に出て来そうな台詞ですね。
機会があったら見てみたい作品です。
  • posted by olivemomo 
  • URL 
  • 2008.02/28 22:52分 
  • [編集]

 

yukoさん、こんばんは!
遊びに来ちゃいました。
yukoさんの解説を読んでると、是非ともこの映画を見てみたくなりました。
今度、探してきますね。
それにしても、ブラックコメディになるんですね…。
ん~びみょ~~(-_-;

花ちゃん、とっても可愛い♪
私の娘も「はな」なのです(^_^)v
  • posted by マダム☆マミ 
  • URL 
  • 2008.02/28 23:35分 
  • [編集]

★olivemomoさん!★ 

本当に素敵な映画です。
是非是非観て下さい!
確かにこの男の子のせりふ「星の王子様」っぽいですね!最後のシ―ンも感動なんです。このベティ―さんがタヒチに逃亡する前に一演技して天使の姿になって男の子の前に現れるんです。そして私はあなたのお母さんに会ったわよって言って、これからも今までどおりいい子でいてねって伝えてあげるのです。思わずぼろぼろ泣いてしまいました!日本でもこの映画が手に入ること祈ってます! 
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.02/29 05:43分 
  • [編集]

★ マダム☆マミ さん!★ 

訪問してくださってありがとうございます!
是非是非探してみてくださいね!
こういぅ素敵な映画は何度見てもいいですよね。

ところで マダム☆マミさんのお嬢様も「はな」ちゃんなのですかぁ?なんていぅ偶然。これからもどうぞよろしくお願いします!
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.02/29 06:46分 
  • [編集]

 

わ~、感動的な映画ですね!でも、なぜかブラックコメディー???
白い花を摘んで花束にして棺おけの中にそっと入れてあげるシーンなんて、ここを読んだだけで涙が出そうでした!
ただ楽しいだけでなくて、奥が深い!こんな映画を夫婦二人で見るひと時もいいですね♪

(私も草取り中、雑草と呼ばれている草でもかわいい花だな~と思うものは抜かないで取っておきます。あくまで、私の独断で(*^^)v 他の雑草さんたち、ごめんなさい。)
  • posted by ふみごん 
  • URL 
  • 2008.02/29 08:44分 
  • [編集]

手に入るかなぁ… 

この映画を見ていないので分からないのですが、
そこまで感動させる演技をやってのけた子役の
男の子は、シャーリー・テンプルのような評価を
もう既に受けているのかな?
あらすじを見ている感じでは、結構深い演技を
要求されるように思います。

何処かで手に入るかなぁ…。
  • posted by 孤舟居士 
  • URL 
  • 2008.02/29 10:26分 
  • [編集]

素敵なお話ですね 

あまりに素敵過ぎて、
コメントつけられなかった。。。。。

この男の子は、
ベティが幸せに暮らしているのを知っているのかしら。
知ってて欲しいな(*^^*)ポッ
  • posted by 桃ここ 
  • URL 
  • 2008.02/29 10:32分 
  • [編集]

 

こんにちは。 私もある意味 映画狂なのですが、なんでもというわけでもなく、見たいものと見たくないものがハッキリしてます。 でも紹介してくれたこの映画はおもしろそう。 そして深そうですね。 ちなみに英国のブラック・コメディーは私のお気に入りの分野でもあります。

ショコラの出演メンバーが一緒ということかな? 監督は違いますよね?? ちなみにジョニーはショコラに後半に出てきますが、宣伝されてるほどは登場しませんね(ジョニーのことは詳しいですよ~笑)

またいい映画があったら紹介してくださいね。 夫婦で映画(DVD)楽しそう。 うちもふたりでよく、コメディーを見て笑い転げてます。
  • posted by シャイドリーマー 
  • URL 
  • 2008.02/29 12:41分 
  • [編集]

★ふみごんさん!★ 

勝手にふみごんさんのブログ紹介しちゃってごめんなさいヾ(_ _。)...。この映画観ればブラック・コメディ―っていぅのがわかると思うのですが、それでもたくさんのシ―ンが最近の映画のようにリアルではなくとってもユニ―クになおかつ愛らしく演出されています。この子供とのシ―ンは一番小さなシ―ンだと思いますが心に残りました。さすがはふみごんさんこの子と同じ素敵な発想をお持ちですね!私も昔春になると公園などに咲いている小さな花を摘んで帰ってきてコップにさして飾ったりしたことがありました。彼らって凄い生命力で花屋で買ってくる花たちの何倍もの期間しっかり花を咲かせたままでいました。素晴らしい!美しさと共に強さを感じますよね!
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.02/29 18:08分 
  • [編集]

★孤舟居士さん!★ 

この子役のシ―ンはこの子があまりにも淡々と語るので余計に感動したのです。まだけがされていない純真そのもの素朴な思い。これが我々をハッとさせるのでしょうね!是非手に入れて欲しいですが日本に入ってきているのかどうか定かでないです。見つかること祈っています!
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.02/29 18:13分 
  • [編集]

★桃ここさん!★ 

上のolivemomoさんへのコメント返しにも書いたのですが、最後のシ―ンが最高なんですよ。この男の子の前に白い服を来て頭に白い雑草の花で作った冠をかぶってボリスとあと2人の同業者が手伝ってライトなどの演出で天使に見せかけてにっこりと微笑んでお母さんからのメッセ―ジを伝える。いやぁ~いいシーンでしたね~!男の子の心に暖かいものが宿ったことは間違いないですね!
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.02/29 18:19分 
  • [編集]

★シャイドリーマーさん!★ 

そうでしたね、シャイさんはジョニ―デップファンですよね。この間バトン読ませていただいたのです。彼素敵ですよね!実はこの日この映画の前にショコラを見てこれは2本目の映画。ショコラはもう何回見たことやら・・・。あの主役の女性と市長さんがこちらの映画ではベティとボリスなんです。うちの主人は結構何でも観てますが我々の好きな分野も英国のブラック・コメディ―。主人のおかげで私も多くの映画と知り合うことが出来ましたが私自身は結構疎いのです。こういぅパ―トナ-とめぐり合えて世界が広がっています!
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.02/29 18:26分 
  • [編集]

ご無沙汰してしまいました 

ブログを拝見してたのですが、なかなかお邪魔できずすみません。
映画大好きな私にはたまらない記事です~。
日本公開もするかな?
DVDでもいいから是非見てみたいです!
  • posted by youyuito 
  • URL 
  • 2008.02/29 22:55分 
  • [編集]

★youyuitoさん!★ 

お久しぶりです!
コザルちゃんも元気ですか?
私の方こそ最近皆さんの所を回るテンポがゆっくりになってきています。
youyuitoさんも映画好きですか?これは是非探してみて欲しい代物ですね!笑う場面は大笑いできて、部分部分に今回紹介したような素晴らしい場面があって笑ったり泣いたり忙しい映画ですよ!(笑
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.03/01 05:48分 
  • [編集]

 

ボリスの恋で検索掛けて、
http://www.oeff.jp/32_Plots-with-a-View.html
これって、DVD出てるのかな?白黒?
練られたストーリー展開で、面白そうです。
  • posted by ガウス@ 
  • URL 
  • 2008.03/01 12:35分 
  • [編集]

★ガウス@さん!★ 

凄いすご~い♪\(^O^)/(*^_^*)\(^O^)/
さすがはガウス@さん!
これです。
面白そうでしょう!
ここの解説にもありますが葬式シ―ンまでもコメディ―にしちゃっているシ―ンは爆笑です(^w^) DVD出てるといいな~。カラ―映画ですよ!
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.03/01 15:31分 
  • [編集]

 

あたしにはテレビのチャンネル権がなく、
ほとんど好きなものが見れていなくて、映画とかも全然見てないですね( ̄_ ̄|||)
でも、男の子のセリフ、とってもうなづいちゃいました。
『名画』と一緒ですよね。
名の通った人が、「これはいい絵だ」と言うと、それはいい絵になっちゃうんです。
「駄作だ」と言えば、駄作になっちゃうんです。
でも、その人にとって、それが素敵だと思えば、その絵はいい絵なんですよね。
決まった形にとらわれないってのは、ホント、大事だと思います。
子育てと同じですよね。
皆同じでなくていい。
なかなか難しいですけどね(≧∀≦)
  • posted by おかん 
  • URL 
  • 2008.03/02 01:54分 
  • [編集]

おかんさん! 

こういぅ事って本当によくありますよね!
今はこれが高じて何が本当に良いものなのかといぅ価値観が狂ってきてしまっていますね。
決まった形にとらわれないといぅのはおかんさんの仰るとおりとっても大切なことだと思います。この男の子のせりふのおかげで又忘れかけた見失いかけた事を思い出させてもらいました!
  • posted by yuko 
  • URL 
  • 2008.03/02 07:56分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://wienhappy.blog119.fc2.com/tb.php/72-34762fc1

Menu

星が見える名言集100

プロフィール

三谷結子

Author:三谷結子
音楽活動を通じて人々の幸福と世界平和を祈り続ける声楽家。
この地球が愛あふれる星となることを心から願っています。

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。